地震が来ても安心な建物づくり|老朽化は大規模修繕で解決

男の人

部外者の侵入を防ぐ

建築物

フェンスはビルや店舗などの場所に部外者が侵入するのを防ぐことができる設備であり、きちんと設置を行なっておけば不法侵入や盗難などの被害を防ぐことが可能です。また目的に合った大きさのフェンスが無い場合は、オーダーメイドで特別製のフェンスを制作してもらいましょう。

詳細

工事で建物の耐久性を改善

男性作業員

建物の耐久性や安全性を改善するには大規模修繕工事がとても有効であり、最近ではさまざまな会社が建物の修繕工事を取り扱うようになってきました。またホームページを事前にチェックしておけば、会社の信頼性や施工技術を簡単に確認することができます。

詳細

計画的に直そう

男女の作業員

補助金を利用して耐震診断を行う

東日本大震災以降ビルの大規模修繕工事の実施が増加いています。現在の日本では安全安心がキーワードになっています。多くの人が集まるビルでは行政の補助金を受けて耐震診断を行うケースが増えています。昭和56年以前の旧耐震のビルはもちろんですが、その後の新耐震のビルについても壁の位置によっては耐震性が十分でない場合があるということです。耐震診断の結果によっては大規模修繕工事として耐震補強工事を実施することになります。行政サイドではこの耐震補強を含めた大規模修繕工事についても助成金の制度を設けている場合がありますので、大規模修繕工事を計画している場合は確認をとったうえで助成金の申請を行えば費用の軽減が図れます。

耐震補強にもいろいろな工法がある

東京で耐震補強工事を行う場合には当該ビルの特性と費用を天秤にかけて計画を立てることが重要です。東京で行なわれている耐震補強工事にも、単に柱や梁を補強する場合とダンバーなどで地震の揺れを吸収する工法を採用する場合などいろいろな工法があります。一番費用のかからない方法は柱や梁に筋交いを入れて強化する方法です。構造を強化する方法ですが仕上がりの見た目はあまり良くありません。見た目を重視するのであれば基礎部分や中間階にダンパーを採用して地震の揺れを吸収する免震の工法が一番です。免震工法の利点は人があまり揺れを感じなくなるので地震の際の安心感が増加することです。この他にも屋上に水槽を置いて揺れに反発する力を利用する制震という工法もあります。いずれについても費用との関連はありますが、充分地震に対する対応としての大規模修繕工事となります。

電気料金を減らす取り組み

建造物

電気は私達の生活の中で欠かせないものとされています。また、会社や工場などでは電気を多量に使用することから電気料金に関する経費削減を行なう取り組みが行なわれているのです。

詳細